顕微鏡

研究開発の効率を良くするなら|microscopeをフル活用

小さいものを見るには

顕微鏡

microscopeには様々な種類があり、その値段も様々です。microscopeの対物レンズと接眼レンズを使って色々な小さなものを見る事ができるので、この便利な生活に欠かせないものとなっています。microscopeですが、金属を見る事ができるは金属顕微鏡は、光を当てる事でその金属の細かい所まで見る事ができます。値段はおよそ25万円程度の場所が多いです。位相差顕微鏡は、色がついていない透明なもの見る事ができます。この顕微鏡がある事で肉眼では見る事ができないものでもハッキリと分かります。値段はその仕組によって様々で、約30万円から50万円程度となっています。主に歯医者が歯周病細菌を検査する時に利用するケースが多いです。電子顕微鏡は、普通の顕微鏡では見る事ができないさらに小さなものを見たい時に使います。その名前の通り、電子を利用しており、値段は高いものは数千万するものもあれば、安いものなら数千円程度で購入できます。専門性の高い研究室なら数億かかるケースもあります。鉱物について調べたい時に便利なのが、偏光顕微鏡です。これは細かい所を見るだけではなく、結晶を見る事でも利用されています。この偏光顕微鏡を使う事により、鉱物がどのようなものからできているのかを知る事ができるのです。値段は、約15万円程度から60万円と幅が広いです。他にもmicroscopeには驚くほどの多くの種類があり、趣味で楽しみたい人からプロとして研究をしたい人まで幅広くカバーしています。